Event is FINISHED

Flyers' Lab #6 「GODZILLA編」

Description

【Flyers' Lab(フライヤーズ ラボ)】
アプリ開発スタジオ WFS が主催する業界交流イベントです。
Flyers(飛行士)たちが、ものづくりにおいて、大空高く離陸するのを夢見て、議論、いじりあい、試行錯誤するLab(実験室)のような場所であってほしい、という想いから命名。あらゆる垣根を超えた学びの場を実現することで、ゲーム業界全体を盛り上げます。

【Flyers' Lab #6】
#6『GODZILLA 星を喰う者』編では、『GODZILLA 星を喰う者』のCGスーパーバイザーの多家 正樹氏(株式会社ポリゴン・ピクチュアズ、以下PPI)から『GODZILLA』シリーズの CGメイキングとしてPPIのLook Developmentを中心に紹介、 宮川 大輔氏(PPI)と岩本 高志氏(WFS)からPPIとWFSで共同開発中の、クロスメディアに対応するコンテンツ共有システム『SC2(Sharable Contents System for Cross-media)』についてお話いたします。

----------------------------------------------------------------------
◆登壇者
・多家 正樹(PPI)/制作担当 執行役員
フリーランスのCGアーティストを経て、2002年ポリゴン・ピクチュアズ入社。主な参加作品として、ゲームトレーラー映像『ストリートファイターIV』『MARVEL VS CAPCOM』『ストリートファイターX鉄拳』、劇場作品『ホッタラケの島』『男たちの大和』『BLAME!(ブラム)』など。『GODZILLA 星を喰う者』ではCGスーパーバイザーを担当。2018年4月より制作担当執行役員として、制作全体を統括。

・宮川 大輔(PPI)/イノベーションデザイン部 部長
1999年ポリゴン・ピクチュアズ入社。以降、制作担当執行役員などを歴任し、制作組織の運営に携わる。『レイヤードストーリーズ ゼロ』のアニメーション制作では、パイプラインとの連携等を通じ、リアルタイム技術のアニメーション制作への活用について中心的な役割を担う。2018年4月にイノベーション・デザイン部を立ち上げ、リアルタイム技術の開発を推進。

・岩本 高志(WFS)/テクニカルアートチーム マネージャー
コンソールゲーム会社にてテクニカルアーティストとして 10 年超従事し、2015年にグリー入社。WFS内の2D・3Dタイトル全般の開発を横断的にサポート。グリーで制作に携わったスマホゲーム、VRタイトルは、『アナザーエデン 時空を超える猫』『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか メモリアフレーゼ』『ららマジ』『武器よさらば』『サラと毒蛇の王冠』『シドニーとあやつり王の墓』『Tomb of the Golems』『乖離性ミリオンアーサー VR』。

◆株式会社ポリゴン・ピクチュアズ
ポリゴン・ピクチュアズは、1983年7月の設立以来、「誰もやっていないことを 圧倒的なクオリティで 世界に向けて発信していく」ことをミッションに掲げ、先端的なエンタテインメント映像の製作を手がける国内最大手のデジタルアニメーションスタジオです。マレーシアの制作拠点「Silver Ant PPI Sdn. Bhd.」を含め、300名以上のクリエイターが集結。最新技術を駆使し情熱をもってコンテンツ制作に力を注いでいます。代表作は『GODZILLA 怪獣惑星』『シドニアの騎士』『亜人』『BLAME!』『トランスフォーマー ロボッツインディスガイズ』『Lost in Oz』『ピングーin ザ・シティ』など。今後も、世界的に評価が高い日本のアニメーションと、独自の技術・企画ノウハウとを融合させ、コンテンツ・ビジネスにおけるリーディング企業を目指してまいります。
詳細につきましては、http://www.ppi.co.jp をご覧ください。

◆アジェンダ/タイムテーブル
19:30~20:30 講演
20:30~21:30 懇親会
※内容は都合により変更となる場合があります

----------------------------------------------------------------------

【開催概要】
日時:11月9日(金)19:30〜21:30(※19:00~受付開始)
場所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 12F(グリー株式会社)
入場料:無料
募集人数:150人(※定員に達し次第、締め切ります。)

【当日案内】
・受付時間
19:00〜20:00(講演開始は19:30)
※以降のご参加については、森ビルの来訪者受付よりご入館ください。

・入館方法
−六本木ヒルズ森タワーの LL階エントランス横に臨時の受付を用意しています。名刺2枚の提出と、本イベントの申し込み画面を携帯でお見せいただき、配布される入館シールを見えやすい位置にお貼りください。 (名刺をお持ちいただけない場合、入場できないことがございますのでご注意下さい)
−エレベーターを上がりUL階の入館ゲート前の警備員にシールを提示すると入館できます。 エレベーターホールA より 12階へお越しください。
−臨時受付は20:00まで設置しております。その後遅れて入場される方は、六本木ヒルズ森タワーUL階で通常の来社受付をお済ませいただき、12階にお越しください。
※前回の会場と階数が変更しておりますのでお間違いないようお願いします。
※本イベントは無料での開催となります。

【メディア関係者さまお問い合わせにつきまして】
メディア関係者様のお問い合わせにつきましては、以下必要事項を記載していただいた上、Peatix応募ページ内「主催者へ連絡」ボタンよりご連絡ください。
※必要記載事項:媒体名、所属部署、お名前、連絡先(メールアドレス、電話番号)、問い合わせ内容
※『ハイエンドCG技術基盤』のみ取材いただけます。

【アルコールのご提供につきまして】
未成年の方が交流会に参加する場合は、年齢を確認させていただきます。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#381393 2018-10-23 07:50:03
Fri Nov 9, 2018
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
六本木ヒルズ森タワー
Tickets
無料チケット FULL
Venue Address
港区六本木6丁目10−1 12F Japan
Organizer
Flyers' Lab
533 Followers